大塚実業の「ろ過技術」をあなたの現場に

私たちが「ろ過フィルターの診断ドクター」と名乗るには理由があります。
長年の信頼と実績、過去のノウハウを活かした独自技術ご紹介いたします。

信頼と実績

107業種577社の実績と信頼!
製織から加工まで一貫製造なので、様々な業種・業界の機械メーカーフィルターが製造可能です。
「東の西陣」と言われる地域の一角に栃木県足利市があります。
そこで、生地を織るところから行っている「ろ布・ろ過布の専門メーカー」です。
過去の経験から様々な提案力も兼ね備えています。

特殊技術「大塚カレンダー加工」

巨大なローラー間に繊維を通すことにより、
熱と圧力を操作しながら、様々なフィルターを特殊加工できる技術です。

従来の繊維業界は「速く大量に」という考え方で製造をおこなっておりました。
しかし、当社はろ過という「精度」を求められる商品を製作しているとの考えから、
良いものをしっかりと作る製品作りをしております。

このカレンダー技術においても大塚実業独自の考えがノウハウとなり、
以前では考えられないような加工や微妙な調整が可能となり、
たった1種類の生地を多彩に変化させることを実現いたしました。

通常、もう少し目の細かいフィルターが必要になった場合、
1から糸を用意し、製織+加工の流れで製造をすると、
数カ月の時間がかかってしまいます。
そのため、ある程度、ロットが必要になりますが、
カレンダーの技術を使うことにより、
短期間・小ロットでお客様のご要望に対応する事が可能です。

目止メ加工(樹脂加工)

フィルタープレスや遠心分離機用のろ布を加工する時、
その形状からろ過面にミシン縫製等が入り、針等の孔(穴)が開いてしまい、
せっかく選定した細かいろ布から粒子が逃げ出してしまうことがあります。

当社の場合、樹脂メーカーとの共同開発により
お客様の用途・条件にあった樹脂を独自のノウハウを使い、
フィルター生地へ塗布、加工することができます。

ご安心ください!ただ今、無料診断キャンペーンを実施中です。
「無料」ろ過フィルターの引き取り診断。引き取り依頼はこちら)